姓名判断
姓名判断
歴史
明治以前にも姓名の吉凶を占うことは行われていたが、明治維新直後、1870(明治3)年9月19日の「平民苗字許可令」および1875(明治8)年の「平民苗字必称義務令」により国民全てが公的に名字を持つことになり、全ての国民が「姓名」を有するようになってから現代姓名学は一般化した。その方法(流儀)は様々な方式があるが、昭和に入ってから現在主流となる五格三才の方式が広まった。
特徴・こんな時に向いています
本来は、新生児の幸せな人生のために吉相の姓名を授けることが最も大切なミッション。原則的には、戸籍に登録された文字列が生み出す「姓名の相」に秘められた運命のメッセージを読み取って、健康運、金運、恋愛運、愛情運、対人運、仕事運等の吉凶や性格タイプ等を導き出し、その得失から長所や欠点を知り、人生の過ごし方を考察するための情報を得ようとするもの。

設定方法

単純に画を数えるのではなく
文字が持つ「霊数」に置き換える

姓名判断 画数表

八十一数とは

kirap3-f10教えてくれたのは…
三須 啓仙 先生
三須 啓仙 先生
命学の第一人者である父・三須啓仙師より正統運命学を学び、数令姓名学・印章相学においては、聖徳会の三代目として一子相伝の奥義を継承する。『源真里の正統派姓名判断』www.nifty.com/mari他様々なインターネット占いコンテンツも監修。