四柱推命とは?占いの帝王と呼ばれる東洋随一の運命学四柱推命

歴史
諸説あるが、一般的には、中国・宋の時代に「淵海子平」四柱推命の原型が作られ、後の研究者により「滴天髄」「三命通会」「窮通宝艦」等の関係書物が、時代とともに発展したといわれている。日本に伝わったのは江戸時代の頃。儒学者であり医師の桜田虎門が記した「推命書」が、日本における四柱推命の最も古い資料の一つとされている。
特徴・こんな時に向いています
その人の一生を前もって掌握できるのが最大の特徴。将来起こりうる事柄を知り、気配を察知することで、凶運中には凶を避け、吉運中には吉に乗ずることができるのである。占う対象は、性格・相性・適職・人間関係・恋愛・金運・健康等、全般に渡る。人生の指針として、産まれてすぐの頃に占っておくのもよいだろう。

鑑定方法

生年・月・日・時の4つの柱から
運命を読み解き、人生行路を指し示す

この世に生を受けた瞬間、つまり生まれた年・月・日・時間の4つの柱を「木は火を生じ、火は土を生じ、土は金を生じ、金は水を生じ、水は木を生じる。木は土を剋し、土は水を剋し、水は火を剋し、火は金を剋し、金は木を剋す」という陰陽五行説をもとにした「天干(天の気/外面を表す)」と「地支(地の気/内面を表す)」に振り分け、それぞれが持つ意味と相互作用から、生まれ持った性格や素質、努力や経験で後天的に変化する運命までも推し測る。複雑で難解ながら、的中率が高いのがこの占術の特徴。また、天干、地支を配列させる命式には特有の算出方法があり、私たちがよく知る生まれ年の干支が=自分を意味する干支ではないので、四柱推命の先生に鑑定していただきましょう。

生年・月・日・時を 4つの柱(年柱・月柱・日柱・時柱)に見立て、十干と十二支の配列から通変星を表し、親や兄弟、子どもとの関係を、人生を四分割した時期と関わり方等、一生運を読み解いていく。

kirap3-f10教えてくれたのは…
杉本 蘭華 先生
杉本 蘭華 先生
日本占術協会理事。推運学会会長。読売・日本テレビ文化センター講師、朝日カルチャーセンター講師、大阪よみうり文化センター講師。四柱推命の大家・阿部泰山に師事した故・杉本巖(大阪芸術大学短大部助教授)を父に持ち、幼い頃から四柱推命、家相、気学の指導を受け、占術の世界に育つ。個人鑑定をはじめ、企業コンサルティングや講演、各種メディアでも活躍中。