タグ別アーカイブ: 九星気学

藤 洸瑛(こうえい) 〜 星順学会

s-133-5fuj-09

藤 洸瑛(こうえい) 先生
四柱推命・気学・霊数を母体とし、運命鑑定、方位、家相、姓名、印相等あらゆる易学を網羅。特に独自の方位学「マイナス方位」を基に、家相、移転、進学、転職等をその人に合った方位をアドバイス。

続きを読む

富塚 崇史(たかふみ) 〜 方聖閣

富塚 崇史(たかふみ) 先生

富塚 崇史(たかふみ) 先生
各種占術の奥義を探究し、家相・方位学の研究を深める。現在は、方聖気学を基として方位学や易学を駆使し悩める人の開運に貢献。また「銀座産経学園」をはじめ、後進の育成にも尽力している。

続きを読む

菜奈実(ななみ) 〜 運命学カウンセリング

s-133-3nnm-07

菜奈実(ななみ) 先生
ライフ・コンサルタント。開運カウンセラー。運命学研究家(宗家師範認定)。気学、方位学、行動心理学、聖数命理学、仏教哲学、因果律等を深く研究し独自の鑑定法と開運法を確立。個人の能力や才能を見出し、年・月・日の行動をアドバイス。

続きを読む

step.2各占術を一覧チェック!命学・相学・卜術

step.2 各占術を一覧チェック!

占いは、その方法から大きく命学、相学、卜術の3つに分けられます。占いたい内容によって、 どれが向いているのか知っておくと便利です。

占い方法総まとめ

「占い」とひとことで言っても、その方法は様々。占う目的によって使い分けたり組み合わせたりするのが理想的です。また、ヒーリングやセラピーとは、似て非なるもの。まずは特徴を整理して、今の自分にぴったりの占い方法(占術)を見つけましょう。

一種の統計学的「占い」と、スピリチュアルなエネルギーを
用いる「ヒーリング」や「霊視」は本来別もの。

特性を理解し、自分に合った方法を見つけましょう

STEP2 各占術を一覧チェック!「いいな」と感じるもので占ってみよう

占いは、その方法から大きく命学、相学、卜術の3つに分けられます。占いたい内容によって、 どれが向いているのか知っておくと便利です。
(占術方法名をクリックすると、各占術方の詳細ページに飛びます)

命学生年月日をもとにして「どのように生まれたか」を知り、「どのように生きる」のが効率的かを考える。人物分析や人の個性、適性、相性などを知ることに有効。また、運勢の推移を知って、タイミングを計ることにも向いている。占者によって解釈や言い方に違いがあるとしても、原則的にはいつ占っても同じ答えが出るのも特徴。
四柱推命西洋占星術九星術紫微斗数

相学姿形のあるものを対象に、その在り様が天地自然の理に適うか否かを論じるもの。現状を分析して対策を講じ、多くは相を調えることによって開運できると考える。対象(例えば姓名)が同じであれば原則として同じ答えが出るが、手相や人相等、状況や経年変化に伴って変化するものもある。
手相姓名判断(名相)家相・地相風水

卜術筮竹、カード、サイコロ等を用いて、偶然に表れたサインから、事態の成り行き、必然の因果関係を占う。二択(YES/NO)、三択(進む・止まる・退く)で迷った時等、明確な目的を持って答えを得たいときに向いている。
タロットカード周易

 

スピリチュアル
霊的、精神的な力や、自然または物質などから発さられる力を用いて心理療法、未来の悩みなどにも活用される。
ヒプノセラピーレイキオーラ

 

藤岡リナ 〜 ハートティアラ

藤岡 リナ 先生

藤岡リナ
幼少の頃からイメージングを実践。自身の体験を通して未来を切り開く開運法を開発し、恋愛・金運・仕事・健康の「幸せの四大要素」を満たすオリジナルの開運成就恋愛法を確立。相談者全員を最短距離で恋愛成就させ続けている。

続きを読む

龍珠 (りゅうじゅ) 〜 龍占堂 横浜中華街本店

龍珠

龍珠(りゅうじゅ) 先生
携帯コンテンツ『中華街 救いの占女』を監修、配信。各種メディアにも取り上げられ、高級フレンチレストランのイベント等にも毎年参加。学生から経営者まで幅広い客層を抱え、遠方から定期的に訪れる熱心なファンも多い。

続きを読む

九星気学〜生年月日から運命と吉方位を導く

九星気学

生年月日から生まれた年や月を支配していた九星・傾斜宮などを導き出し、九星自体のもつ性質(象意)から個性や適性等を分析。九星同士の関係性から相性を調べる。年や月、日や時間を支配している九星の配置からその時々の運勢を予測し、方位の吉凶を判断する。

九星気学〜生年月日から運命と吉方位を導く
九星気学
歴史
紀元前3000年頃「大自然律」の根本原理に基づく伏義先天の思想から発生した創見で、以来、長い歳月の中で発展し、統計的に実証されてきた運命学といわれている。また、数ある東洋占術中でも特に日本で発達し、明治以降広く活用された占術のひとつとして知られる。
特徴・こんな時に向いています
九星気学には「運は先天にあらず 後天にあり」「吉凶は動より生ず」「万物は相生相尅より成る」という三大哲理がある。中でも「運は先天にあらず 後天にあり」は、この占術の大きな特徴で、先天的な能力や運の強弱は、自らの努力と行動で変えられるという考えがある。ゆえに、行いに最適な時期や場所を鑑定し、自然の地理や方位に照らし合わせながら積極的に吉方へ動く助言を行っていく。

鑑定方法

自分の「本命星」を知り
吉方・凶方を調べてより良い方位を選ぶ

まずは自分の「本命星」を調べる。これは、一白水星・二黒土星・三碧木星・四緑木星・五黄土星・六白金星・七赤金星・八白土星・九紫火星のこと。持って生まれた運命や性格、人生、未来を知る材料になる。
次にこの本命星を中心に置き、東・東南・南・西南・西・西北・北・東北の八方位と十干・十二支の配置から、自分の運勢を上げる「吉方」と、災難が起こりやすい「凶方」を導き出す。これが、旅行や転居、何か大きな決断をする場所として、より良い選択をする糧となる。良いエネルギーを受け取りに吉方へ出かけたら、少なくとも2時間以上滞在し、土地の物を食したり温泉に入ったり等、土地と和合することを心がけよう。

本命星早見表

吉方・凶方を知る

諸説・流派あるが、移転や日常の行動を調べるには「気学方位盤」を用いることが多い。まずは地図を広げて正確な自宅の位置を印し、そこに方位盤の中心を合わせてから、順行する本命星の方位を対応させて調べていく。
注意するのは「北」の取り方。通常は地図の「真上」を北と見るが、方位を調べる際には磁力の力を加味した「磁北」を北とするためだ。


星教えてくれたのは…
藤 洸瑛 先生
藤 洸瑛 先生
東洋運勢学会理事。星順学会会長。NHK文化センター、リビングカルチャー倶楽部講師。四柱推命・気学・霊数を母体とし、運命鑑定、方位、家相、姓名、印相等あらゆる易学を網羅。特に独自の方位学「マイナス方位」を基に、家相、移転、進学、転職等をその人に合った方位をアドバイス。企業への提案でも高い評価を収めている。