タグ別アーカイブ: 紫微斗数

step.2各占術を一覧チェック!命学・相学・卜術

step.2 各占術を一覧チェック!

占いは、その方法から大きく命学、相学、卜術の3つに分けられます。占いたい内容によって、 どれが向いているのか知っておくと便利です。

占い方法総まとめ

「占い」とひとことで言っても、その方法は様々。占う目的によって使い分けたり組み合わせたりするのが理想的です。また、ヒーリングやセラピーとは、似て非なるもの。まずは特徴を整理して、今の自分にぴったりの占い方法(占術)を見つけましょう。

一種の統計学的「占い」と、スピリチュアルなエネルギーを
用いる「ヒーリング」や「霊視」は本来別もの。

特性を理解し、自分に合った方法を見つけましょう

STEP2 各占術を一覧チェック!「いいな」と感じるもので占ってみよう

占いは、その方法から大きく命学、相学、卜術の3つに分けられます。占いたい内容によって、 どれが向いているのか知っておくと便利です。
(占術方法名をクリックすると、各占術方の詳細ページに飛びます)

命学生年月日をもとにして「どのように生まれたか」を知り、「どのように生きる」のが効率的かを考える。人物分析や人の個性、適性、相性などを知ることに有効。また、運勢の推移を知って、タイミングを計ることにも向いている。占者によって解釈や言い方に違いがあるとしても、原則的にはいつ占っても同じ答えが出るのも特徴。
四柱推命西洋占星術九星術紫微斗数

相学姿形のあるものを対象に、その在り様が天地自然の理に適うか否かを論じるもの。現状を分析して対策を講じ、多くは相を調えることによって開運できると考える。対象(例えば姓名)が同じであれば原則として同じ答えが出るが、手相や人相等、状況や経年変化に伴って変化するものもある。
手相姓名判断(名相)家相・地相風水

卜術筮竹、カード、サイコロ等を用いて、偶然に表れたサインから、事態の成り行き、必然の因果関係を占う。二択(YES/NO)、三択(進む・止まる・退く)で迷った時等、明確な目的を持って答えを得たいときに向いている。
タロットカード周易

 

スピリチュアル
霊的、精神的な力や、自然または物質などから発さられる力を用いて心理療法、未来の悩みなどにも活用される。
ヒプノセラピーレイキオーラ

 

桐山 聖昇 〜 天聖閣東京館

桐山 聖昇 先生

桐山 聖昇 先生
台湾に渡り占いの師と出会ったことで、紫微斗数、奇門遁甲を本格的に研究。その功績が認められ、台湾 星相学会より日本副支部長を任される等実績を重ねる。1回3時間という充実の鑑定は、口コミでも話題に。

続きを読む

紫微斗数〜十二の宮の星の配置で生涯の運勢や人格を読み解く

紫微斗数

言わば「中国版占星術」。実在の天体ではなく紫微星等の架空の星(虚星)を使用し、生年月日時をもとに旧暦を用いて命盤を作成。十二の宮に星を配し、宮の意味と星の意味から個人の性格や一生の運命の傾向を読み取り、目的別に明確な答えを得ることができる。

紫微斗数

紫微斗数
歴史
中国で紀元前四・五千年頃の「殷」の時代に「封神演義(ふうしんえんぎ)」という古書に書かれて伝わったといわれている。この時代は天文学が盛大で、空に輝く星と古代の英雄・美女などを結びつけて創造し、星と人間を巧みに結びつけたところが面白い。また「紫薇」とは、紫のバラを意味し、この星がまず、ホロスコープのどの座に入るかで鑑定するロマンティックな占術なのだ。
特徴・こんな時に向いています
紫薇斗数は、生年月日時をもとに質問者の運勢や人格を鑑定する中国発祥の占術。ホロスコープとなる「命盤」に各星を入れていくことで、現在、自分が置かれている状況をみることができ、今後どのような行動をするべきかを明快に説いてくれる。転職や結婚など大きな決断の時、紫薇斗数で人生の動きをみてみるのもいい。

鑑定方法

人生の大きな流れが命盤に記される
中国古来の占星術

夜空をスパンコールのように散りばめる美しい星の数々に名前をつけ、人間の生命月日時から、どのような運命をもたらし、影響されるのかをみられるのが、この占術の特徴。鑑定結果からは、自分のことを正しく知り、持って生まれた運命を巧みに開拓することができ、また、周囲の人間関係を円滑に保つよう役立てることもできる。近年、「紫薇斗数」が占星術のひとつだという認知度は高まってきたが、中国占星術であることを知らない人は多い。しかし、これを理解し、賢く利用することで今後の運命を少しでも向上させてほしいというのが、鑑定師の願いでもある。人生の苦難を上手に乗り切り、より大きな幸運を導けるよう心の準備をすることもできる。

十二の宮

紫微斗数の命盤
鑑定例
命 宮:額が美しく、目が大きく、迫力あり、やや長身で声に特長がある。富貴を得られるが、浪費家でもある。
父母宮:やや片親と支配傾向でも両親より恩恵を受けて、助力を学ぶ。容貌は清々しく、穏やかな温厚さを感る。
兄弟宮:二人から三人を有するが、仲は良いほうではなく、交流も少ない。
夫妻宮:年齢差のある男性と縁があり、助力を受けて裕福な生活ができる。
子女宮:子どもは三人ぐらい有する。親に対して比較的に素直で良時の運。
財帛宮:若いうちにはやや苦労するが、努力もあり、中年以降に少しずつ恵まれ良好になる。
疾厄宮:消化器官(腸など)にやや気をつけたい。中年以降、糖尿に注意。
遷移宮:他郷で暮らす運を持ち、若いうちはトラブルに遭遇しやすく、迷惑を受けることもあるが、中年以降は旅行に恵まれる。
奴僕宮:自分にとって、役立つ部下を持つことが少ない。
官禄宮:公的機関でも民間企業でも何にでも名声を得られる運を有する。
田宅宮:不動産に縁があり、土地・家屋を得ることができる。
福徳宮:多忙であり、落ち着かない人生を送る。

kirap3-f10教えてくれたのは…
阪 香季(ばん・こうき)先生

阪 香季 先生
中国五術研究家。和歌山県高野山の寺院生まれ。仏教に縁を持ち、幼少から経文に親しみ、人間の運命に関心を抱く。台北の中国五術透派掌門主、張耀文氏に師事、紫薇斗数、六壬神課、四柱推命術、奇門遁甲術、断易、家相(風水)を直々に学ぶ。昭和45年に「萃(スイ)の会」(現・中国五術研究会)を発足し、中国占術を以って鑑定指導に当たる。また篆書による中国印章のデザイン製作を行う「高景堂」を主宰。日本易学協会会員、高野山真言宗僧侶。

龍珠 (りゅうじゅ) 〜 龍占堂 横浜中華街本店

龍珠

龍珠(りゅうじゅ) 先生
携帯コンテンツ『中華街 救いの占女』を監修、配信。各種メディアにも取り上げられ、高級フレンチレストランのイベント等にも毎年参加。学生から経営者まで幅広い客層を抱え、遠方から定期的に訪れる熱心なファンも多い。

続きを読む

占い方法総まとめ〜step1.問題の所在を定めよう

step.1 問題の所在を定めよう

「占い」とひとことで言っても、その方法は様々。占う目的によって使い分けたり組み合わせたりするのが理想的です。また、ヒーリングやセラピーとは、似て非なるもの。まずは特徴を整理して、今の自分にぴったりの占い方法(占術)を見つけましょう。

気になるあのことを占うには・・・?!

「占い」とひとことで言っても、その方法は様々。占う目的によって使い分けたり組み合わせたりするのが理想的です。また、ヒーリングやセラピーとは、似て非なるもの。まずは特徴を整理して、今の自分にぴったりの占い方法(占術)を見つけましょう。

占術の特徴を知っておけば
欲しい答えにグンと近づく!

お医者さんに専門分野があるように、個々の占術にはそれぞれ得手・不得手があります。どの占術が何を知るのに向いているか知っておけば、知りたい情報をより深く、的確に占うことに繋がります。
一番のポイントは「何を知りたくて占うのか」をはっきりさせておくこと。これが曖昧だと、鑑定結果も広くまんべんなくになりがちです。抱えている問題が「誰が・何を・いつ・どこで・誰と・どうする」のどの部分なのか整理しておきましょう。 また、占術は一般的に<命学・相学・卜術>の3種類に分けられます。得意とする対象の他にも、用いる材料(生年月日や姓名等)や結果の受け止め方等異なりますが、「状況を知る」ために「分析」し、「行動の指針を得る」ために「予測」するという姿勢は共通。占いによって得られた情報をもとにどう行動するか、最終的な判断は自らで行い、その決心に従って主体的に行動するのが占いの正しい活用法です。
あなたの人生はあなたのもの。得た答えを上手に使い、幸せな未来を切り開いていきましょう。

Q. 扱う占術が多いほど優れた鑑定士?

必ずしもそうとは限りません。
もちろん、複数の占術を使う方がベターな場合も。しかし、名前や家等大きな決断の際には、それを最も得意とする占術家をたずねることがおすすめ。用いる占術が1〜2種でも、専門家ならではの意義深い情報をくれるはず。

Q. 占術が変わると答えも変わる?

その可能性もあります。
ただ、どちらかが間違いではなく、物事を見る角度、断面が異なるために違う答えが表れるのです。たとえば「同じ『今年の運勢』でも、四柱推命では『努力が実る年』と言われ、タロットでは『トラブルが続く注意の年』と言われた」という事例。実は『行動力を発揮できる年』という共通結果があるうえで、焦点を当てる場所が違うだけなのです。

Step1:あなたの知りたいことは何?問題の所在を定めよう

「占い」とひとことで言っても、その方法は様々。占う目的によって使い分けたり組み合わせたりするのが理想的です。また、ヒーリングやセラピーとは、似て非なるもの。まずは特徴を整理して、今の自分にぴったりの占い方法(占術)を見つけましょう。

命:命術 相:相術 卜:卜術

誰が?

自己や対象となる人物の個性傾向(性格・適性・指向・嗜好・健康・仕事・恋愛・結婚・運勢傾向)の分析と、行動や対応を予測したい時

命術生年月日からみる。四柱推命・アストロロジー・気学・紫微斗数 等

相術1.対象者に固有の相からみる。手相・人相・姓名(印相) 等
2.対象者をとりまく環境を構成する相からみる。家相・地相・墓相・風水

卜術現在、自己や対象者が置かれている状況や成り行きをみる。周易・五行易・タロット 等

どこへ?

1.移転、旅行、入院、初診、就職、事業等のために方位の吉凶を知りたい時

命術気学・風水(名理)

相術風水(理気)

2.移転・買う・借りる・新築・改築・建て替え 等のために「現在ある」or「これから作る」家や部屋、建物や場所の相の吉凶や状況を知りたい時

相術家相・風水

いつ?

ものごとを始める、止める、離合集散や変化するタイミング(運勢&リズム)を知りたい時

相術気学・四柱推命・アストロロジー・紫微斗数 等

卜術周易・五行易・タロット 等

誰と?

相手の人物分析や置かれている状況、相性等を知りたい時

命術生年月日からみる。四柱推命・アストロロジー・気学・紫微斗数 等

相術1.対象者に固有の相からみる。手相・人相・姓名(印相) 等
2.対象者をとりまく環境を構成する相からみる。家相・地相・墓相・風水

卜術対象者の情報(生年月日・顔・手相・名前)が何もわからない時使う。周易・五行易・タロット 等

どうする?

出処進退、ものごとの可否や現状、成り行きを知りたい時

卜術周易・五行易・タロット 等

 

占い&スピリチュアルアドバイスを上手に使うにはコツがある

占い&スピリチュアルアドバイスを上手に使うには、コツがある

自分にとって有益な結果を導くためには、ちょっとした心の持ちよう、準備が大切です。より的確なアドバイスをもらえるよう、ポイントをおさえてから行きましょう。

kotu

自分にとって有益な結果を導くためには、ちょっとした心の持ちよう、準備が大切です。
より的確なアドバイスをもらえるよう、ポイントをおさえてから行きましょう。(編集部まとめ)

行く前に...

1. どんなときに行く?

自分だけで考えても答えが出ない時や家族や友人に言いにくい悩みがある時、占いやスピリチュアルの力を借りる人が多いようです。でも、たとえどんな鑑定結果が出ても、前向きな気持ちで受け止めることを意識して。まずは深呼吸。心を落ち着けてから占ってもらうのがおすすめです。

2. 何を知りたい?

まずは、自分の悩んでいることや迷いのポイントを明確にしてから行きましょう。相談内容が曖昧だと、答えも散漫になりがちです。限られた時間を有効に使うためにも、聞きたいことを箇条書きにしておくと良いでしょう。

3. どんな方法で調べる?

鑑定士やヒーラー、カウンセラーの多くは、いくつかの方法を組み合わせたり使い分けたりしています。得意ジャンルを活かしながら、数種類の占い、あるいは占いとコーチング、心理療法等、それぞれに独自のスタイルがあるものです。初めてならば、自分が信じられると思う方法や鑑定士との相性から探してみては。ただし、家の購入や命名等、一生に関わる相談は、その内容を知るに適した占術を専門にしているプロを選ぶ方がベターです。

4. 料金設定を確認して

料金設定は、占いやヒーリング等の方法別、時間制、対面や電話、メール等の手段別等様々。行く前に確認しておくと良いでしょう。また、どの場合でもただの長話にならないよう、占ってもらいたいことを事前にメモし、効率よく質問すると良いでしょう。

5. 事前に準備するものは?

  • 四柱推命や紫微斗数など東洋系の命術は、生年月日から占います。より正確に鑑定するため、生まれた時間と場所が必要になることもあるので調べておくと◎。また、相性を調べる場合は、相手の情報も忘れずに。
  • 姓名判断では、戸籍登録してある正しい漢字を調べておきましょう。
  • 名付けは、一生の運勢に関わる大切なものです。入れたい漢字や音の響きを用意しつつ、生年月日・時間とのバランスにも柔軟に配慮しましょう。
  • タロットや易といった卜術は、yes / noで答えられるような質問に絞っておくと、より明確な答えが得られるケースが多いようです。
  • 人間関係を占う場合は、自分のことだけでなく、周囲の人間もみてもらうと、より複合的に状況を把握することができます。生年月日等、分かる範囲で情報を集めておくといいでしょう。
  • 家相を調べる場合には、方角入りの間取り図(不動産会社でもらうようなもの)を用意しておきましょう。また、土地を購入する際等、地運をみる時には、正確な住所が必要です。

 

p012-02

1. 素直な気持ちで臨みましょう

「本当に当たるの?」等といった不信感を持たず、素直な気持ちで臨みましょう。出た結果をどう活かすかは、家でじっくり考えてもOK。まずは、知りたいことに対する答えをしっかり聞きましょう。また、鑑定やカウンセリングに使ったシート等を持ち帰れることもありますが、自分でもメモを取っておくと良いでしょう。

2. はじめから自分の話をしすぎない

はじめから自分の情報を伝え過ぎない方が、結果を純粋に受け止められる人が多いようです。しかし鑑定の精度を上げるため、またカウンセリングを丁寧にするための質問には協力を。話せる範囲で構いません。

3. 悪い結果には、打開策も必ずある

時には、自分が望まない結果が出ることも。その時は、どうしたら好転あるいは回避できるのか、対策・改善のポイントを聞きましょう。優れたプロほど、この打開策がきちんとしており、幸せへの道をアドバイスしてくれるはずです。

 

p012-03

1. あなたは、未来を決める“ヒント”を得たはず

占いやスピリチュアルアドバイスは、なりたい自分、なりたい未来へ進むための“ヒント”。占っただけで幸運が降ってくるわけではありません。もらったアドバイスをどう使うか、自分で「考える人」になることが重要です。

2. 行動を起こせば運命も変わる

「この時期に出逢い運がある」、「仕事運がアップする」等、良い運気を引き寄せるタイミングがあれば、信じて行動を起こすのもチャンス。待っているだけでなく、積極的に動くことで開運への道が開けるはず。

3. 悩んでOK。じっくり考え、決断して

鑑定士やカウンセラーからもらったアドバイスをもとに、どう行動すれば自分が後悔しないのか、決断するのは自分です。その場ですぐに決められなくても大丈夫。叶えたい夢を具体的にイメージし、自らの手で幸せをつかんでください。