手相

隠された性格や運命をさり気なくチェックできるのが手相。運命の相手だと思っていても、実は浮気グセがあったり、ケチでネクラな男性だったらガッカリ。お付き合いが深まる前に手相で彼の隠された基本性格を見極めるべし。

teso-hoshi

 

まずは、手相を見るコツを知ろう

01 線の濃さ

手相は一本一本の線がくっきりと濃く刻まれているものほど、意味が強く良い手相といわれている。まずは基本となる生命線、感情線、頭脳線から見ていくと分かりやすい。

02 いろいろな角度で線を見極める

線やシワが見えにくい場合は手のひらを伸ばしたり、曲げたりしながら観察。基本的にシワのような細かい線も情報を示しているので、いろいろな角度から観察するとよい。

03 手全体で相を見る

手相を見る場合、線やシワだけでなく、手全体の色や形、厚みなども重要な要素。手のひらが厚い人は情に厚く、薄い人はクールタイプ。

 

 

 

手相

 

teso-title2a

様々な調べ方がありますが、生命線の内側だけでも浮気度を知る手相がいくつか。まず、生命線と並行するように短いシワ(線a)があったら要注意!これが、そのものズバリ「浮気線」。また、親指の付け根から生命線にかけてシワ(線b)がある人も浮気予備軍といわれ、自分から積極的に浮気をするというよりチャンスがあれば浮気をしたいと考えているタイプに多い。さらに、長さ2〜5mmくらいの島の形の線(線c)があれば、不倫の香りがプンプン。恋愛や異性問題のトラブルを象徴している。

 

check
生命線の内側に…

 

v生命線に平行する短いシワがある
v親指の付け根から生命線に伸びるシワがある
v島がある

teso-yashita

手相

 

努力家で誠実な手相

頭脳線の先端近くから上向きにまっすぐ伸びるシワ(線d)は、努力家の手相。ひたすらがんばって成就させる前向きな彼は、旦那様にしても安心だ。また、生命線から細かい上向きのシワ(線e)がある人は、誠実な真面目人間。周囲からの信頼も厚く、浮気度も低いタイプと言える。

 

 

13ora-title2

手相

 

teso-title2b

太陽線に島が現れている(線f)人は、ギャンブルも勝負もまるでダメ。賭け事で儲けるどころか、仕事での交渉事や金銭にまつわることは、慎重かつ注意が必要。思わぬ落とし穴が待っている。また、頭脳線がクネクネと蛇行している(線g)人は、良くも悪くものんびりした性格。人の心を読むことや瞬間的な状況判断のが苦手なので、地道な生活を心がけて。

 

 

 

check

薬指の付け根から… v縦に伸びる「太陽線」に島がある
親指の付け根から… v手の平を横切り斜めに伸びる「頭脳線」が蛇行している

teso-yashita 手相

勝負運・金運もばっちり!

頭脳線の先が二股に分かれていて、その一方が上向きにカーブしている(線h)人は、ジャンルを問わずお金儲けの才能に恵まれている。かつ、ギャンブル運も良いので、収入をつぎ込んでもちゃんと儲けてしまう羨ましい手相。

参考:浅野八郎 著『浅野八郎の【秘伝】占い全書1 手相術』(ワニ文庫)